http://www.etechno.co.jp/msg/
マニュアル

目次

概要

e-Messenger は、「.NET Framework」を利用して作成されたメッセンジャーアプリケーションです。 動作確認は、Windows 2000, XP にて行っています。

LAN(ローカルエリアネットワーク)上でテキストチャットや音声通話, ファイルの送受信ができます。 ※音声通話をご使用になる場合は、別途スピーカーとマイクをご用意ください。ヘッドセットを用意されると便利です。

e-Messenger はフリーソフトです。どなたでも無償でご使用頂けます。

TOP

インストール・アンインストール方法

インストール方法

e-Messenger のインストーラ(eMsgSetup.msi)を起動してください。 後はインストーラの指示に従ってください。
インストールが完了すると、デスクトップとスタートメニューにアイコンが追加されます。

desktop.jpg(1782 byte) startmenu.jpg(3697 byte)

.NET Framework について

Windows 2000, XP は初期状態では「.NET Framework」がインストールされていません。 まだインストールしていない場合は、「Windows Update」からインストールしてください。

※インストールする「.NET Framework」のバージョンは 1.1 です。

アンインストール方法

Windows 2000 の場合、コントロールパネルから「アプリケーションの追加と削除」を開いて、 「e-Messenger」を選んでください。
Windows XP の場合、コントロールパネルから「プログラムの追加と削除」を開いて、 「e-Messenger」を選んでください。
なお、アンインストールする時には必ず e-Messenger を終了してから行ってください。

TOP

はじめて使う場合に

e-Messenger を使い始める前に、以下の作業を行うことをお勧めします。

  1. ユーザ名の変更

    インストール直後のユーザ名は ユーザ1 になっています。 これを変更するためには、メニューから「ツール」→「オプション」を開いてください。 入力ボックスにご自分の好きなユーザ名を入力したら OKボタン を押してウィンドウを閉じてください。

    username.jpg(18,222 byte)
  2. ファイアウォールの設定

    e-Messenger は、通常 TCP/UDP ポートの45555番を使っています。 ファイアウォール系のソフトや機能が有効になっている場合には、 通信がブロックされてうまく動かない場合がありますので、 これらのポートを開いておく必要があります。 具体的な設定方法は、お使いになっているファイアウォールのマニュアルを 確認してください。

TOP

機能

e-Messenger では、次の三つのことができます。

まずは リスト更新ボタン を押してください。
ネットワーク上のユーザが送信先ボックスに追加されます。

userlist.jpg(7562 byte)

チャットする

「チャット」 タブ を開いてください。

chat.jpg(56299 byte)

電話する

「音声」 タブ を開いてください。

voice.jpg(45522 byte)

ファイルを送信する

「ファイル」 タブ を開いてください。

file.jpg(74931 byte)
TOP

設定

「ツール」→「オプション」で動作環境の設定を行うことができます。

option1 option2
option3
TOP

その他

最新版の公開場所

公式サイト http://www.etechno.co.jp/msg/ (イーテクノ株式会社)

サポート

本ソフトウェアの個別カスタマイズや導入支援などのご依頼もお待ちしています。 まずは、サポート担当までご連絡ください。

障害報告の場合、バージョンやOS, 発生状況(できれば再現方法)を教えていただきますと、とても助かります。

免責事項等

本ソフトウェアの使用による、いかなる損害に対しても作成者(イーテクノ株式会社)は責任を負いません。 また、著作権は作成者にあります。

TOP